So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

池田名誉会長スピーチ抜粋

 


 

信念あるかぎり希望があり、信念強き人は、

希望強き人である。

*信念の人*こそが、*希望の人*であり幸福の人

である。

ゆえに大切なのは、前へ進むことである。

戦うことである。動くことである。

御書の通りの行動――

その軌道は太陽のごとく、確実に、

人生の*希望の春*を花開かせる。



      ◇            ◇


この地球という星は、行動しないと、何も起きない

星なんです。

私が「天国言葉ですよ」「考え方ですよ」と言うのは、

話す言葉によって考え方が熟してくる、そうすると、

行動が変わってくるんだ、という。

ただ思うことではない、言うことではないのです。

天国言葉を口にし、天国思いをすることによって、

行動が自然とそうなってくる。

いつも口にしている言葉を思うようになる。

そして、いつも思っていることが、行動に現れる

ようになってくる。

だから、最後には行動です。

何も行動しないで、世の中変わりません。

安定は動くこと、です。

自転車と同じです。止まっていると、倒れちゃう。

二輪車ってそうですよね。人間は二本脚で生きてる。

じぃーっと、つったったままだと、貧血起こして

倒れちゃうのです。

だから、歩くか、何か行動しなきゃいけません。

何もやらないで「なんとかなる」って、なんともならない。

考えているだけでは、なんにも起きない。

安定は動くこと。

このことを頭のなかに入れておいてください。


        =斎藤一人・・微差力より=

   ・・      ・・     ・・      ・・

 先日、洞爺湖方面に行ってきました。

曇っていたので、展望台からの洞爺湖はスッキリ

しませんが・・・・。

洞爺湖.JPG

洞爺湖1.JPG

洞爺湖2.JPG

洞爺湖3.JPG

 

湖畔にこんな木を見つけました。

何という木なのか・・わかりません?が、葉に乗ってる

実なんでしょうか?ちょっと変わっています。

洞爺湖5.JPG

 

帰宅して、ふと羊蹄山を見ると、夕陽と遊んでいました。

夕陽.JPG

画像をクリックすると拡大します。


 


nice!(3)  コメント(57) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

風は走り続けている。花も一生懸命、咲き続けている。

自然は動いている。人生も戦いをやめてはいけない。

寄せては返す波の音・・・というが、波には上げ潮もあれば、

引き潮もある。しかし、波の音は、いつもある。

いつも動いている。岩にぶつかっては砕け、また、ぶつかって

は岩を少しずつ削っていく。それも波が止まらないからだ。

全部、宇宙の法則である。戦い続けた人が勝つ。

何があろうと、戦い続けたところが伸びる。よし、やるぞ!と

いうバネがなくなったら負けである。

それがあるうちは、人も団体も大丈夫である。

 

    ◇            ◇

◎ 飽きるのは自分の成長が止まっているから ◎

なかなか簡単に手にはいらないようなものほど欲しくなる

ものだ。しかし、いったん自分のものとなり、少しばかり時間

がたつと、つまらないもののように感じ始める。

それが物であっても人間であってもだ。

すでに手に入れて、慣れてしまったから飽きるのだ。

けれどもそれは、本当は自分自身に飽きてるということだ。

手に入れたものが自分の中で変化しないから飽きる。

すなわち、それに対する自分の心が変化しないから飽きる

のだ。つまり、自分自身が成長し続けない人ほど飽きやすい

ことになる。

そうではなく、人間として成長を続けている人は、自分が

常に変わるのだから、同じものを持ち続けても少しも飽きな

いのだ。

    =ニーチェの言葉=より

    ・・       ・・       ・・

青森県の奥入瀬・・銚子大滝です。

銚子大滝1.JPG

銚子大滝4.JPG

銚子大滝6.JPG

銚子大滝7.JPG

銚子大滝9.JPG

 

十和田湖から流れる清流が、心なごませてくれました。

清流6.JPG

清流3.JPG

清流.JPG

 

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(2)  コメント(0) 

池田大作名言100選より

 

人生には、自分が試される*まことの時*がある。

ゆえに、日ごろ、いかなる心構えで生き、どう努力して

いるかが大事になる。

日々、地味な精進を重ねていてこそ、いざという時に

チャンスをものにすることができるのだ。

 

  =中央公論新社=

  ◇       ◇       ◇

すっかりご無沙汰してしまいましたm(__)m

ボツボツですが、また更新を続けたいと思いますので

どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

先日、東北方面に行った時の夕陽を載せたいと思います。

DSC_0059.JPG

函館フェリーターミナルです。

DSC_0055.JPG

 

フェリーに乗船・・・。夕陽で辺りが染まってきました。

夕陽.JPG

夕陽1.JPG

夕陽2.JPG

夕陽6 (2).JPG

まんまるな太陽です。

夕陽7.JPG

 

波にも陽がおりてきてました。

夕陽3.JPG

夕陽が沈んでから空がピンク色に変わりました。

夕陽8.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(4)  コメント(1) 

池田大作名言100選より

 

感謝のない人間は、人が自分のために、何かして

くれてあたりまえだと思っている。

結局、人に依存し、甘えて生きているといってよい。

だから、人が何かしてくれないと、不平と不満を感じ、

いつも、文句ばかりが出てしまう。

そして、少し大変な思いをすると、落ち込んだり、

ふてくされたりする。

それは、自分で自分をみじめにし、不幸の迷路を

さまようことになる。

 

  =池田大作名言100選・中央公論新社=

 

    ◇           ◇          ◇

与え与えられるのが、この世の理法である。

すなわち、自分の持てるものを他に与えることによって、

それにふさわしいものを他から受けるのである。

これで世の中は成り立っている。

だから、多く受けたいと思えば多く与えればよいので

 あって、充分に与えもしないで、多く受けたいと思う

のが、虫のいい考えというもので、こんな人゛かりだと、

世の中は繁栄しない。

(中略)

どんな人にでも、探し出してくれば、その人だけに

与えられている尊い天分というものがある。

その天分で、世の中にサービスすればよいのである。

サービスのいい社会は、みんなが多く与え合っている

社会で、だからみんなが身も心もゆたかになる。

   =松下幸之助=

   ・・      ・・     ・・     ・・

撮つしてからずいぶんと日が過ぎてしまいましたが、

ヒラフスキー場に向かう途中・・青いこじんまりした家

雪でつぶされそうですね。どなたのお宅か、わかりませんが

勝手に撮つさせていただきました。すみません。

DSC_0018.JPG

 

ヒラフスキー場です・・・・。

DSC_0023.JPG

DSC_0024.JPG

DSC_0025.JPG

DSC_0041.JPG

 

スキー場から見た羊蹄山・・小さな飛行機雲も見えました。

飛行機雲と羊蹄山.JPG

DSC_0003.JPG

籠にまで入らなくてもいいのに。。。。

毎日、やってくる野鳥は見ていて飽きることはありません。

DSC_0006 (2).JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(3)  コメント(1) 

池田大作箴言集

 

  =人生抄=

人間は、運命の操作のもとにただ生きるという

のでなく、そうした*かげり*を負いつつも、

内面的変革になお可能性を見出していくもの

である。

私は、そうした創造的生命こそが人生の起点となり

うると考えている。

     ◇         ◇         ◇

ものごとの実は、それをじっと見つめる人の心の中に

ある。

   =イギリスの哲学者・ヒューム=

     ・・      ・・      ・・

明日から札幌雪まつりがはじまりますが、今年のこの

寒さでは、出かけて行く気にはなりません。

ベランダに積もった雪も例年は、一度は融けるのですが

今のところ融ける気配もありません・・・・。

そんな中でも毎日野鳥はやってきます。

友人が、鳥の餌にもなりますという青米を買ってくれて

それを、餌の籠に置いてみたら、

どっちむいてるの.JPG

大好物.JPG

こんなかんじです(笑) 籠の底が破れそうです。

ニンジンやリンゴなどには目もくれません。

夢中です.JPG

あらっ.JPG

白く続く道.JPG

白い道が続いてます。橋の下を流れる川の色も

冬模様です。

雪と流れ.JPG

雪が枯れ木に.JPG

 画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(5)  コメント(2) 

池田大作箴言集・人生抄

 

人間の奥行きと広がり、

これを別な観方からいえば、その人の世界と

いいうるであろう。

その人の持ち合わせている世界の境界線が、

どれほどの奥行きと広がりをもっているか――

ここに人間の魅力のもっとも根本的な要因が

あるように思われるのである。

    ◇         ◇

人間としての基本は、自分で考え、自分で行動し、

自分で責任をとることである。

  =マーガレット・サッチャー=

暖冬と予想されていた今年ですが、例年になく

雪が多いですね~。。。

吹雪いている日ほど、野鳥がやってくる我が家の

ベランダは、お互いに呼び合う野鳥の声で賑わってます。

餌を食べおわったのに・・・くつろいでます。

DSC_0005 (4).JPG

昨日、久々に見えた羊蹄山です。

DSC_0002.JPG

ベランダから見えるスキー場の灯りです。

DSC_0005 (2).JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(4)  コメント(0) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

仏道修行は、一次元からいえば、

「鍛えられた永遠の若さ」すなわち*不老*を

自らの生命に固めていく修行といえよう。

*安易に現状に満足し、安住し、希望と挑戦の

心を失ったら、その瞬間から人は老いる。

創価学会には広宣流布という*無上の希望*が

 ある。

この大偉業に生きぬくかぎり、その人は永遠に若い。

 

    =平成3・5・17=

    ◇        ◇      ◇

☆ 困っても困らない☆

ひろい世間である。長い人生である。

その世間、その人生には、困難なこと、難儀なこと、

苦しいこと、つらいこと、いろいろとある。

程度の差こそあれだれにでもある。

そんなときに、どう考えるか、どう処置するか、

それによって、その人の幸不幸、飛躍か後退かが

きまるといえる。

(中略)

断じて行えば、鬼神でもこれを避けるという。

困難を困難とせず、思いを新たに、決意をかたく

歩めば、困難がかえって飛躍の土台石となるのである。

要は考え方である。決意である。

困っても困らないことである。

人間の心というものは、孫悟空の如意棒のように、

まことに伸縮自在である。

その自在な心で、困難なときにこそ、かえってみずからの

夢を開拓するという力強い道を歩みたい。

   =松下幸之助=

    ・・       ・・      ・・

マイナス20度という地域もあり、冷凍庫の中にいるようだ

という人も。。。。寒い北海道です。積もった雪が風にとばされて、

町が白くなります。さっきもテレビで水道凍結注意を呼びかけて

ました。

そんな中でも野鳥はやってきます。

DSC_0003 (2).JPG

DSC_0002 (3).JPG

DSC_0007.JPG

めずらしく晴れた日。。。

DSC_0027.JPG

ちょっとだけ見えた夕陽です。

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(4)  コメント(1) 

池田名誉会長寄稿文

 

現代もまた*心の死*からの*再生*を切に求めている。

そして、多くの川がやがて大海をつくるように、

一人一人の*人生の再生*があってこそ、

人間復興の新しきルネサンスの潮流は流れ始める。

詩心の深まりによる自分自身の再生、私はそれを

「人生ルネサンス」と呼びたい。

 

      =主婦と生活・平成1・1月号=

 

     ◇         ◇

あなたが信じ込んでいる限界以外に、

あなたにとっていかなる限界もありません。

    =エマーソン

    ・・      ・・      ・・

ほんとに寒い日が続いています。

雪の少ない地方で大雪だったり、地球のバランスが

良くないのでしょうね~~。。。。

先日、小樽方面に出かけた折に見かけた若者たちです。

頑張るサーファー.JPG

夏までに技を磨きたいのかな?

冬のサーフィン.JPG

小樽運河の冬.JPG

小樽運河です。雪があると趣もちがいます。

 

冬の小樽.JPG

冬の海岸線。。。。北海道らしい・・・

 

わかってます.JPG

わかってますよ~って言いたくなりました(笑)

こちら↓には、お世話になりたくないですね。

お世話にならないように.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(5)  コメント(2) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

社会に根を張り、社会に共感を広げていくことが、

どれほど大切か。

いかに仏法が正しいといっても、その国の社会の

リーダーから理解されず、また民衆から反発されて

 しまえば、絶対に弘めることはできない。

また大弾圧を受けて壊滅させられてしまう。

したがって、社会に仏法への理解と共感が広がれば

広がるほど、その国に人間性が潤い、新たな活力が

生まれ、福徳もぐんぐん増していく。

国が栄えていくのである。

 

      =平成4・2・16=

  ◇        ◇        ◇

人は退いても、経験までも持っていくことはできません。

経験を伝えていくのです。

人は所詮、老いるものです。これは逆らうことのできない

自然の法則なのです。

しかし、人の思想は老いることはありません。

仕事の職務から退いても、革命は決して終わりに達した

のではないのです。

私たちは老いるまで生き、老いるまで学び、老いるまで

革命をしなければいけません。

古人の詩に「夕陽(せきよう)好(よ)きこと限りなし。

ただ黄昏近し」とありますが、これではあまりにも消極的

すぎます。今、私はそれを次のように変え、みなさんに

贈り、共に、互いに励ましあいましょう。

「夕陽、好きこと限りなし、美景、黄昏にあり」

 

    =1987年11月25日人民の母。鄧穎超=

     ・・     ・・     ・・     ・・

七草粥を頂いて、お正月気分も今日でおしまい。

お正月が来るのを楽しみにしていた訳ではないのですが、

お正月が来てみたら過ぎるのも早いですね。

こちら北海道!!冬将軍・頑張ってます(^.^)

DSC_0004.JPG

今朝の晴れ間は・・・結局長くは続かず、、、

それでもチラッと昼の月を眺めることはできました。

よく降りましたね~が最近の挨拶になっていますが、

雪は、これからが本番です(*^_^*)

DSC_0004.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(5)  コメント(2) 

新年の挨拶

 

枠をつけた雪原の羊蹄山文字入り.jpg

 


nice!(6)  コメント(12) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

人生には、山もあれば谷もある。

山を越え、谷を越えて苦しんだ人は、

その分、悩める人の苦しみがわかり、

人々の心がわかるようになる。

その意味で、悩みに負けないかぎり、

「苦労も功徳」なのである。

順調なだけが功徳なのではない。

変毒為薬(へんどくいやく)の妙法を行ずる

信仰者にとって、いっさいが功徳なのである。

 

    (平成6・5・14)

    ◇        ◇       ◇

偶然は、

準備のできていない人を助けない

      =パスツール

    ・・      ・・     ・・

今年一年、拙いブログに訪問してくださった皆様

本当にありがとうございます。

明年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

 

DSC_0036.JPG

隣町の、ふきだし公園です。

美味しい水を求めて、雪をものともせずいらしてました。

DSC_0049.JPG

DSC_0016.JPG

DSC_0109.JPG

↑ ↓ 太陽と白い大地です。

雪原と太陽1.JPG

見つけた獲物.JPG

凍った川に、いたちでしょうか?獲物を見つけたようです。

枠をつけ.jpg

屋根に積もった雪に月が埋まりそうです。

 DSC_0002.JPG

白い夜道を照らしてくれる街灯。。。。

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(4)  コメント(4) 

聖教新聞・名字の言

 

「和」の字は、さまざまな意味を持つ。

和服、和食といった使い方は、「日本独自のもの」

であることを示す。

しかし、例えば、着物。起源は古代中国の衣装。

材料の絹や木綿も中国から渡来した。

天ぷらの原型が大航海時代、ポルトガルから伝わった

ことは有名。

「和」を冠しても、実際には「外国」由来の物が混在して

いるところが興味深い。

俳人の長谷川櫂氏は指摘する。

西洋化された住宅の中に、畳の間が違和感なく存在して

いる―― つまり異質のもの、相容れないもの同士が

引き立てあいながら共存する。

それが日本人が培ってきた和の本来の姿である、と。

(『和の思想』中公新書)

「和」が象徴する共生の精神。

それを日本は、自らの足で踏みにじった歴史がある。

戦時中、アジアの人々に筆舌に尽くせぬ蛮行を繰り返した。

*異質*を認めず、自国への同化を強要した。

仏法は、そうした思想、主義と真っ向から対峙する。

多様性を尊重し、相互理解と協調の国際社会の構築へ!

真心を尽くし、友好と信頼の橋を築く。

池田名誉会長のその尊い労作業に対して、

今や世界各都市からの名誉市民称号は660を超えた。

わが地域、友を愛する心こそ、共生の精神の根本。

その実践は仏法者の使命である。

       

      =2009年12月20日・聖教新聞=                     

    ◇         ◇         ◇

 

   ☆ さまざま ☆

春が来て花が咲いて、初夏が来て若葉が萌えて、

野山はまさに華麗な装いである。

さまざまの花が咲き、さまざまの草木が萌え、

さまざまの鳥が舞う。

さまざま、とりどりなればこそのこの華麗さである。

この自然の装いである。

花は桜だけ、木は杉だけ、鳥はウグイスだけ。

それはそれなりの風情はあろうけれども、この日本の山野に、

もしこれだけの種類しかなかったとしたら、とてもこの自然の

ゆたかさは生まれ出てこなかったであろう。

いろいろの花があってよかった。

さまざまの木があってよかった。

たくさんの鳥があってよかった。

自然の理のありがたさである。

人もまたさまざま。

さまざまの人があればこそ、ゆたかな働きも生み出されてくる。

自分と他人とは、顔もちがえば気性もちがう。好みもちがう。

それでよいのである。

ちがうことをなげくよりも、そのちがうことのなかに無限の

妙味を感じたい。無限のゆたかさを感じたい。そして、

人それぞれに力をつくし、人それぞれに助け合いたい。

いろいろの人があってよかった。

さまざまの人があってよかった---------。

 

     (『道をひらく』 松下幸之助・PHP研究所)

    ・・      ・・     ・・

北海道らしく・・寒いです(*_*;

今年は雪が少ないという予想でしたけど、結局例年どうりの

積雪ということになりますね。

我が家のベランダにも例年どうり野鳥がやってきました。

野鳥がミニトマトを食べるかどうかわかりませんでしたが、

少し残しておきました。

DSC_0004.JPG

大好物のようです。羽根をバタバタさせながら、

ミニトマトにこだわってました。残しておいてよかったです。

DSC_0002 (2).JPG

DSC_0003 (2).JPG

 画像をクリックすると拡大します。

 

池田名誉会長執筆の人間革命は下記のブログに載せてます。


nice!(6)  コメント(6) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

だれに言われようが言われまいが、

自分は自分らしく、決然たる舞いを舞い、

曲を奏で、劇を演じゆく人生であって

いただきたい。

どうせ戦うなら、身も心も軽やかに

戦うことである。

すべてを自分の喜びとし、生きがいとして

いける人が賢者であり、幸福者である。

 

        =平成5年6月15日=

     ◇       ◇       ◇

かすみに隠れた羊蹄山

003.JPG

DSCF1752.JPG

 

スッキリ姿をあらわしてくれました。

DSCF1709.JPG

 

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(3)  コメント(1) 

池田大作箴言集 人生抄

 

仏法というものは、人びとの心に何かを押しつけていくもの

ではない。

各地域の生活様式や文化的伝統をふまえて、

生命を内より薫発していくことが、法をひろめる正しい

あり方とも考えられるのである。

そうでなければ人びとをして、心の奥から納得させる

 ことはできえないのだ。

この方式こそ、広宣流布という大河の時代を、さらに

推進させていく民衆要望の生命線であるといっても

過言ではないだろう。

 

  ◇        ◇         ◇

夕映えが美しいように、

老人の場所から見た世界は美しいのです。

   =伊藤整『変容』=

 

雪が降って・・今日のような雨でとけて・・・

だんだん根雪になっていく雪国です。

DSC_0004.JPG

自宅の近くの作物育成作業休憩中?の田畑です。↑↓

DSC_0007.JPG

見えたまま.JPG

オロフレ峠からの雪景色。

夕陽が優しい色で山脈を染める上に、小さい月が浮かんでます。

雪景色と月.JPG

夕陽の影.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(4)  コメント(0) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

生まれ、老い、病み、死ぬという四つは人生の

根本的な苦しみである。

しかし釈尊は、「方便現涅槃」と説いた。

涅槃(死)といっても、再び、はつらつと生き始めるための

方便(手段)であって、眠りにつくようなものであると。

また、宇宙のリズムと合致した人生を生きゆくならば、

愛する人と一緒に生まれることもできる。

夫婦でも、子供でも、友人でも、

深い愛情で結ばれた人未来永遠にわたって、

ともに生きぬいていける―――。

これが仏法の教えである。

 

  ◇     ◇

雪の降る所は、あたたかいんだよ・・と、

誰かが言ってましたけど、ほんとかしら?と首をかしげたく

なる今日この頃の北海道です。

比較対照が初めから違うという事を、最近知りました!cid_06d901c8c211$6ca62700$0301a8c0@FM8DC8E178364A.gif

雪と寒さに鍛えられてますね。

 

雪が降る前に紅葉狩りした時・・・・

DSC_0131.JPG

DSC_0135.JPG

DSC_0057.JPG

DSC_0145.JPG

DSC_0075.JPG

 

ほぼ同じところなのに、今ではあの鮮やかな色は

どこにいったのかと思うくらいです。

年が変わったら、散らした葉の養分で・

新芽をつけて、新緑を楽しませてくれて、

散る前に色をつけて、私たちを楽しませてくれる。

自然のなりわいに感謝です。

DSC_0017.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(6)  コメント(1) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

ルソー(フランスの思想家)は、教育

「エミール」で書いている。

「一人の人間の形成をあえて企てる前に、

その人がみずから人間としてでき上がっていなければ

ならない」

「人を育てる」なら、まず「自分を育てよ」と。

また、こうも語る。

「何事につけても、あなた方の教訓は言葉でよりも、

行為で与えなければならない」

「行動」に人はついてくる。「姿」に人は学ぶ。

「境涯」と「振る舞い」が人を感動させ、

感動が人を変えるのである。

 

   ・・    ・・    ・・

すっかりご無沙汰しております。

突然の腸閉塞再発で入院したりしておりました。

退院後の診察で今日、受診したら、まだ少し腫れがある

ようですけど、食事は美味しく頂けてます。

腸閉塞は八年前に手術してまして、再発など考えても

いませんでした。

あの痛みはもうこりごりです(*_*;

北海道は雪が降りましたが、

紅葉を撮つしてきた続きを載せたいと思います。

 

DSC_0051.JPG

DSC_0061.JPG

DSC_0060.JPG

最近の羊蹄山です

DSC_0002.JPG

DSC_0004.JPG

今は雪もとけましたけど、この間はけっこう降りました。

初冬1.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(11)  コメント(8) 

池田名誉会長著書

 

   = 池田大作語録 人生の座標 =

 

長寿社会とは、競争よりも協調が、効率よりもゆとりが、

物の豊かさよりも心の豊かさが、求められる時代です。

自分が「してもらう」のではなく、わずかでもいい、

自分には「何ができるのか」を考える時代です。

いくつになっても、わが身を律しながら、貢献の道を

探っていく。

それが「価値創造」の生き方です。

 

   ・・     ・・    ・・

春と秋が短い北海道は、そろそろ紅葉の時です。

スッキリしない天候が続いておりましたが、合い間を

ぬうように先日・木々の葉の色合いを楽しんできました。

紅葉は自然からの贈りものですね~~。。。

09・10・12ニセコ.JPG

DSC_0032.JPG

DSC_0037.JPG

DSC_0053.JPG

DSC_0081.JPG

空にもみじ.JPG

 

帰り道・・きつね君とであいました。カメラを向けても

逃げる様子もなく・・・・

DSC_0146.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(10)  コメント(6) 

池田名誉会長著書

  随筆

        春風の城

 

人は、よく『厳しい現実への諦め』を語る時に、

『だから駄目なんだ』『だから発展は難しい』などと

口にする。

しかし、仏法は、根本的に違うのだ。

たとえ、現実は困難に満ちていようとも、

『だから現状を変えるのだ!』

『だから戦うのだ!』と、雄々しく立ち向かい、勝利し、

満足しゆくために、応戦していくことを、仏法は説いている。

大変だから、智慧が湧くのだ。

大変だから、やりがいもある。

この一念の転換劇を創造するのが、我らの仏法である。

戦いが厳しいほど、自分の秘められた可能性の扉は

大きく開かれる。

冬の鍛えがあればこそ、躍動の春の喜びは深い。

困難に打ち勝った歓喜は無量無辺である。

 

    ◇      ◇

今日は中秋の名月。。  写してみました(^O^)

夕陽と名月.JPG

夕焼けと名月。。。

DSC_0018.JPG

夕暮れの、この色は自然からの贈り物かなって思いました。

DSC_0016.JPG

雲と月と.JPG

月明かりと雲。。。

風が強いのでしょうね。雲が走ってました。

DSC_0010.JPG

雲と名月1.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(13)  コメント(1) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

 

*苦難が、眠れる力、新しい力を呼びさまし、

発揮させるチャンスとなる*ことは、古今東西の歴史に

広く見られる。

また、現在のいかなる会社や組織、さらには個人にあっても、

あてはまる一つの真理といえよう。

妙法を持った青年たちの人生、広布の舞台にあっても

例外ではない。

いわんや妙法こそ、苦難を成長・飛躍へのバネとしゆく

最大の原動力である。

苦難と労苦の時こそ、新たな向上と成長への好機ととらえ、

前進していただきたい。

 

   (昭和62年7月21日)

 

    ◇      ◇

先日、洞爺湖にぶらりと行ってまいりました。

夏の終わりを楽しむ家族づれの姿が、あちらこちらに・・・

DSC_0016.JPG

DSC_0025.JPG

DSC_0020.JPG

DSC_0026.JPG

DSC_0031.JPG

DSC_0041.JPG

画像をクリックすると拡大します。


nice!(11)  コメント(2) 

池田名誉会長著書

無題660021.jpg

 「戦うことが、わが健康法なり」

私の好きなフランスの文豪ロマン・ロランの信条である。

病気の数は、一般的に約一万四千といわれる。

とくに、現代社会は、誰人にも過酷なストレスが襲いかかってくる。

その挑戦に応戦せずして、健康は勝ち取れない。

ガンの研究で世界的に著名な、モントリオール大学

シマー前学長、また生命倫理学の大家であるブルジョ教授と、

私は『健康と人生』と題する対談集を発刊した。

その中で、ブルジョ教授は「健康の定義」を、歩くことに譬えて

絶妙に説明された。

つまり、歩行において、一方の足を前に出すと、身体のバランスが

崩れる危険性がある。

しかし、今度は、もう一方の足が前に出て、再び均衡を確立しながら

前進できる。

それと同様に、健康とは、何の問題もない静的安定状態を

いうのではない。

身体的にも、精神的にも、そして社会的にも、ありとあらゆる変化に

ダイナミックに対応していく力である。

生き生きと価値を創造しゆく生命の躍動にこそ、健康の内実は

あるというのだ。

シマー全学長も「人体は常に、内なる悪に対抗して、新しい何か

をつくり出す力を持っている」と強調されていた。

当然、健康を維持するためには、聡明な智慧が大切である。

平凡ではあるが、まず「よく寝ること」睡眠は、活力の源泉であり、

生命の充電である。

そして「疲れをためないこと」 「教養ある食生活をすること」

「よく歩くこと」 「うがいや手洗いを励行すること」

「温度に注意すること」 「診断や治療を適切に受けること」等々、

具体的な細かい点に注意することである。

ちょっとした心がけのタッチの差で、かけがえのない命を守れる

場合が多々あるからだ。

 

DSC_0006.JPG

夕暮れの・すすきです。

DSC_0007.JPG

DSC_0020.JPG

風が冷たくなった北海道の田舎道。

DSC_0026.JPG

DSC_0040.JPG

DSC_0032.JPG

DSC_0033.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 

 


nice!(11)  コメント(2) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

0908176.jpg

 

牧口先生(創価学会初代会長)は校長時代、学校に来られない

生徒をはじめ、全校児童の家庭を、自ら一軒また一軒と訪問して

いかれた。

また、弁当を持ってこられない児童のために、

ポケットマネーを割いて、昼食を用意された。

日本の学校給食の先駆けとして有名である。

この牧口校長の陣頭指揮によって、先生の学校では、児童が

喜んで登校してくるようになった。

一人の真剣な一念が、すべてを変える。

御書には、一人の信心の力によって、世間の事で自分を支えて

くれている、信心していない人々をも栄えさせいくことができると

教えられている。

すなわち、「大樹の下の小さな木、また、大河のほとりの草は、

直接、雨にあたることがなく、直接、水を得ることができなくても、

自然に露を受け、水気を得て、栄えていくことができる」

(御書1170㌻・通解)と仰せである。

大仏法を持ち、広宣流布に生きる人は、生命力の「大樹」であり、

「大河」の存在である。

現代社会は、さまざまなストレスが渦巻き、皆が疲れ、元気を

失っている。

無量無辺の生命力に満ちあふれた学会の世界は、

まさに希望と幸福のオアシスである。

生き生きとした息吹、爛々たる目の輝き、さわやかな顔の色つやや

表情、力強い声の響き、そして智慧と慈愛の励まし――。

どうか、日々、満々たる生命力をたたえ、自分が出会う人々に

蘇生の活力を送っていただきたい。

 

    ◇         ◇

北海道の夏と積丹ブルー。。。。

20数年前に北海道に来た頃から聞いてはいましたけど。。。

時間も心のゆとりもなく・・・・過ごしてきて・・・

先日、海底が見える船に乗り、陸からではなかなか見ることが

できないかも知れない積丹ブルーを楽しんできました。

DSC_0210.JPG

海底が見えるという船

DSC_0048.JPG

船から見た海の中・・・・

黒い点のように見えるのがウニです。

DSC_0060.JPG

DSC_0114.JPG

吸い込まれそうな水面の色に感激です。

DSC_0123.JPG

このような色があったんですね~~。。。。

DSC_0081.JPG

DSC_0117.JPG

DSC_0096.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 

 


nice!(10)  コメント(5) 

池田名誉会長著書

無題202.jpg

 

核の問題についていえば、広島長崎の悲惨な歴史的

 事実はたんに日本の非痛な経験であるばかりでなく、

人類の貴重な経験である。

その意味で日本が核全廃に向かって世界の先駆をきって

努力することは当然であり、人類の未来にたいして

日本にあたえられた歴史的使命ある。

 

    ◇       ◇

北海道もようやく暑くなってきました。

蝦夷梅雨の涼しい日が続いてましたので、

この暑さになれるまで、少し時間がかかるかも知れません。

下の写真釧路の夜の幣舞橋です。

P7030062.JPG

ゆったりした水面に映るライトが綺麗でした。

P7030060.JPG

時々話題になる岩壁にある居酒屋さんです。

P7030065.JPG

橋のたもとのフロアーに点滅するライト。。。。

カップルのデートコースには良いですね。

P7030073.JPG

画像をクリックすると拡大します。 

 


nice!(7)  コメント(2) 

池田名誉会長著書

無題1530.jpg

= ネルソン・マンデラ =

偉大な人生の前進は、疲れを知らない。

疲労の方が疲れて、負けてしまうからだ。

(中略)

「人権」といっても、決して難しいことではあるまい。

人間を人間として大切にすることである。

人間が人間らしく誇り高く生き抜くことである。

いじめや差別や言論の暴力を許さず、

人間と人間が尊敬し合い、共に幸福と平和の社会を

築いていくことである。

(中略)

マンデラ氏の出身地のことわざに、

『忍耐の人に不幸はない』とある。

打ち続く難を耐え抜いてなお、正義のために戦い抜いた

生命は、宇宙の真髄の法則へと迫っていく。

氏の人格と境涯の広がりは、その実証であるといってよい。

 

   ◇         ◇

随分と遅くなりましたが、旅の続きです。

人工の手が入っていない原野の花々は楚々として

かれんな感じがしました。

原野の中にある駅・・・あまり見かけませんね~。。

DSC_0062.JPG

DSC_0048.JPG

DSC_0053.JPG

知床に向かう途中にあった、オシンコシンの滝。。。

このような滝があるとは知らなかったので、思いがけない

プレゼントのようでした。

DSC_0084.JPG

DSC_0083.JPG

P7030026.JPG

知床のウトロという所から、知床半島を横断中に見かけた鹿。

車が通っても、おそれることない様子です。

P7030028.JPG

DSC_0096.JPG

深い山あいを抜ける途中にまた、鹿を見かけました。

P7030029.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(3)  コメント(1) 

池田名誉会長著書

母のうた.jpg

仏法では『衆生所遊楽』(衆生が遊楽するところ)

楽しむための人生であると説いている。

 『遊』とは、人生を自在に生きていくこと、

『楽』とは、人生を心から楽しむことといえよう。

 現実には当然、悩みや問題がある。

それらを、すべて自分の一念で楽しみや喜びに

 変えていける人が、幸福なのである。

 

結論的にいえば、幸福は、自分自身をどう確立するか、

という問題である。

どんなに幸福そうな環境であっても、自分自身が

むなしさを感じ、苦しみを感じていれば、不幸である。

大きな家の中で、けんかばかりしている人もいる。

皆がうらやむような会社に勤めていても、いつも上司に

叱られ、仕事に疲れ、味けない思いをかみしめる人もいる。

幸福は*見かけ*や*見栄*のなかにはない。

自分自身が実際に何を感じているか、その生命の実感にある。

 

それを前提にいえば、幸福の第一条件は『充実』であろう。

『本当に張りがある』『やりがいがある』『充実がある』

毎日が、そう感じられる人は、幸福である。

多忙であっても『充実』がある人のほうが、暇でむなしさを

感じている人より、幸福である。

本来、人間は自分に挑戦しているときは、伸び続ける。

他人と比較しはじめると、成長は止まる場合がある。

なにか一つでも、自分が打ちこめることをもっていくならば、

たとえば、それが仕事であれ、ボランティア活動であれ、

なんらかの習い事であれ、それはおのずから自分の心の

大地を耕し、育てることになる。

具体的な労作業の手ごたえのなかでこそ、充実も感じられるのである。

 

P7020004.JPG

網走方面の遠軽町の名産らしいです。

黒いスイカは初めて見ました。

P7030026.JPG

知床の宇登呂(うとろ)から、羅臼へむかって横断中に

 自然の中でゆったり食事?している鹿を見かけました。

P7030028.JPG

P7030049.JPG

こちらでは、キツネ。。。しっぽが太くて立派です(笑)

P7030046.JPG

こちらの鹿は、線路の近くにいました。ファミリーのようでした。

DSC_0024.JPG

網走湖と、湖畔ホテルです。

DSC_0031.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 


nice!(5)  コメント(3) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

2008_1027函館やま・えりも岬08011919.jpg

 

理想が大きいほど、困難の峰もまた大きい。

それを恐れていては、永久に前には進めない。

夢は夢のままである。

人生はまず、*どんな困難も乗り越えてみせる*

*小さな自分のカラを破ってみせる*という気概をもつことだ。

そこからいっさいが開けていく。

『限界を破ろう』。

こう決めた時、じつは自分の心の限界は、すでに一歩、

敗れているのである。

その時点で、理想や目標も、半ば達成されていると

 さえいってよい。

 

       ◇       ◇

DSC_0051.JPG

先日出かけた時に見かけたのですが。。。

のんびりゆっくり歩くイメージの牛が、

ダッシュしてました。大好きな餌があるんでしょうね。

DSC_0054.JPG

 


nice!(5)  コメント(2) 

池田名誉会長著書

1020305.jpg

 ☆ 『恩返し』の心で人材育成 ☆

 

自分を育ててくれた人への恩を忘れず、

今度は自分が、わが子や後の世代のために行動していく。

それが何よりの『恩返し』なのです。

恩を忘れない人は、美しい。

恩を知り、恩に報いていくことこそ、『人間の道』であり、

その人は豊かな人生を歩んでいける。

反対に、恩を忘れるような人は、傲慢であり、

最後はわびしい人生を送っていくことになる。

戸田先生の生誕100周年を迎えて、私の心は、いよいよ

先生に対する感謝に満ちています。

生涯をかけて、いな、永遠に戸田先生に、ご恩返ししていく

決意です。

戸田先生は晩年、よく牧口先生をしのばれて、

『先生がいないと寂しい。

牧口先生のもとに帰りたい』と言われていた。

それを聞くたびに私は、師弟の姿の崇高さに、

強く心を打たれました。

私は、戸田先生によって育てられました。

今の私があるのは、すべて戸田先生のおかげです。

いくら感謝してもしきれないほどの、

ありがたい師匠でした。

ですから私は、毎日、『戸田先生、きょうも私は戦います』

と心で語りながら、走り続けています。

皆さまも『恩返し』の心で、子育てに、教育に、人材育成

にと取り組んでいってほしい。

今の自分に育つまでに、親をはじめ、たくさんの人から、

どれほどの苦労、どれほどの励まし

どれほどの愛情が注がれたことか――

その感謝を忘れてはいけません。

こんどは自分が、その恩を、子どもたちや後の世代に

返していく番です。

親から子へ、先輩から後輩へ――

そうした世代から世代への大きな流れの先に、

二十一世紀の輝かしい未来が開けていくのです。

 

    ◇       ◇

038.JPG

小樽の祝津・・・

水族館の一部が見えます。イルカショーは

残念ながら見えませんでした。。。

045.JPG

赤い灯台.JPG

めずらしい赤い灯台

水面に映るかもめ.JPG

 

画像をクリックすると拡大します

 


nice!(4)  コメント(2) 

人生の座標 池田大作

無題321.jpg

 

*わが人生を開く*ためには、*わが境涯を開く*ことである。

人間、いつも自分のことだけを考えていると、しだいに

『小さな心』『小さな自我』に固まってしまう。

世の中のため、人のためという、開かれた、大きな目的に

向かって働けば、その『一心の妙用』(いっしんのみょうゆう)

=心の不可思議な働き=

によって、『大きな心』『大きな自我』が築かれていく。

『大きな心』は即『大きな幸福』を味わえる心であろう。

そうすれば、『小さな心』には重圧であった悩みも、軽く感じ、

悠々と見おろしていけるようにもなる。

『小さな心』から『大きな心』へ――。

自分らしい花を咲かせ、*私は勝った、最高に満足であった*

という人生を送っていきたいと私は思う。

   ◇        ◇

芝桜羊蹄山.JPG

羊蹄山を見たてて造られたという芝桜の庭。。。

新聞社が取材に来てました。

009.JPG

本物の羊蹄山と芝桜。。。

りんごの花2.JPG

ドライブの途中で見かけた、可愛いリンゴの花です。

色違いの桜.JPG

ちょっと色合いが変わっている桜です。

めずらしい黄色の桜.JPG

初めて見た、黄色の桜です。ちょつと見にくいですけど。。

042.JPG

町は花が咲きはじめてるのですが、ニセコの山には残雪が・・

053.JPG

 画像をクリックすると拡大します。


nice!(12)  コメント(1) 

池田名誉会長スピーチ抜粋

無題77055.jpg

 

真実を踏みにじるものは、自らの良心を踏みにじるものであり、

自らの人間性を滅ぼす結果になる。

ゆえに真実を味方に生きる人は強い。

一時はどうあれ、時とともに輝いてくる。

真実に生きる人生はすばらしい。

だれが何といおうと、心には満足の青空が広がっている。

 

    ◇        ◇ 

お馬さん.JPG

ニセコ東山から羊蹄山を。。。。

行った時、休日だったせいか、乗馬体験コーナーなどもあり、

初めて馬に乗る子供の笑顔が印象的でした。

ニセコから見た羊蹄山.JPG

雪どけの流れと羊蹄山

薄く曇ってましたのでスッキリと映っていません。

京極の桜.JPG

真狩村の桜

真狩の桜3.JPG

細川たかし.JPG

真狩村出身の細川たかしの像です。

北海道に来て、初めて行ってみました。

あたりは観光シーズンになると賑うのでしょう。。。

綺麗に整備されていました。

DSC_0103.JPG

真狩の湧き水.JPG

美味しい湧水を求めて、真狩村のこちらにも多くの人が

タンクを持って水を汲んでました。

雪の恩恵です。

 

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(11)  コメント(2) 

対談集から・・・

090512.jpg

 

=モウラン

もう一つ、父が私に繰り返し教えてくれたことがあります。

それは、『人間の考えは、たとえ今がどうあれ、それが最後まで

変わらないということはない。

偏見は必ず、時とともに変えることができる』ということです。

それは、もちろん、手を拱いて、ただ時を待つということではあり

ません。

偏見を変えていく努力と行動が不可欠です。

その方法こそ、池田会長が教える「対話の道」であると、

私は思っています。

会長が世界に展開される「対話」は、決して音を立てて大げさに

する対話ではなく、静かなる対話の流れ、川の流れのような

弛みなき対話の流れであると思います。

=池田

恐縮です。

生命と生命を触発しゆく対話こそ、人間を変革し、社会を変革し、

世界を変革しゆく王道ではないでしょうか。

=モウラン

いや、私のほうこそ、池田会長の思想と哲学を、ブラジルの人びとに、

そして世界の人びとに伝えていきたい。

それが私の使命であると思っています。


 

『ロナウド・モウラン』

ロナウド・ロジェリオ・デ・フレイタス・モウラン

1935年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。

天文学者・作家・エッセイスト。

グアナバラ州立大学卒業後、ベルギー王立観測所、

フランス各地の観測所に留学し、パリ大学(ソルボンヌ)

で博士号取得。

84年、天文学博物館を創設し、初代館長に就任。

88年、「天文学・宇宙航行学百科事典」(約2万語)を

出版

ブラジル歴史地理院名誉会員、リオデジャネイロ歴史

地理院会員などを経て、2001年、ブラジル歴史地理院

正会員。

80年5月22日に発見された「2590小惑星」は「モウラン」

と命名され、名前が小惑星についた初のブラジル人と

なる。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

DSCF2171.JPG

千歳川周辺です。

釣りをしている方に釣果があったようです。

DSCF2169.JPG

DSCF2176.JPG

DSCF2015.JPG

羊蹄山も春霞に包まれてます。

P5080003.JPG

羊蹄山の隣に小さな月です。

画像をクリックすると拡大します。


nice!(9)  コメント(0) 

池田名誉会長著書

無題753.jpg


この世に生まれてきた以上、絶対に自分にしかできない


自分の使命がある。


そうでなければ、生まれてはこない。


宇宙は決して無駄なことはしない。


何か意味がある。


人間が『雑草』と呼んでいる植物にだって、何か意味がある。


また、『桜』には桜の、『梅』には梅の、『桃』には桃の、


『李』には李の、それぞれの個性があり、使命があり、


意味がある。


 

DSCF2047.JPG

北海道にも、待ちに待った・桜が咲きました~(^O^)

DSCF2054.JPG

DSCF2057.JPG

洞爺湖の風景です。

DSCF2058.JPG

↓↓洞爺湖畔から・・・・

遠くにうっすらと羊蹄山が見えます

DSCF2075.JPG

 

洞爺湖を見おろす高台にあるホテル

サミットが行われたところです。月が小さいですね。

DSCF2113.JPG

画像をクリックすると拡大します。

 

 


nice!(5)  コメント(2) 
前の30件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。